生活費・教育費が足りない時の対処方法

生活費・教育費が足りない!キャッシングするべき?

近年においては経済の回復とも言われていますが、まだまだ不況のあおりを受けている中小企業は多く存在しています。そこで家計を管理している主婦にとってもかなりの影響を受けているのも現状としているようです。ボーナスの減額や0円としているところもあり、これまでに生活の不足分を補っていたのがそのあてがなくなってしまったという家庭も存在しています。

 

サラリーマン平均年収は約410万としており、手取りにすれば25万ほどとなっています。男女合わせてとなっていますので、男性ならもう少し高くなるとしていますが家庭を養っていく場合ではギリギリの生活を強いられていることとなっています。そのため共働き世帯が当たり前の時代としていますが、幼い子どもの保育施設の不足など社会問題としていることから働けない主婦も存在しています。

 

そこで生活費や教育費など足りない場合の対処法として関心を高めている主婦の方もいるのではないでしょうか。

 

主婦のカードローン申込みが増えている?

 

専業主婦でも借りられる!

 

  • 新生銀行カードローンレイク
  • 三菱東京UFJカードローンバンクイック
  • 東京スター銀行
  • みずほ銀行
  • じぶん銀行
  • ソニー銀行

 

銀行では総量規制の対象としており、配偶者に安定した収入があれば融資を受けることができます。また金利も安く銀行ならではの安心感がありますので、利用する人も増えています。収入証明書も不要で提携口座をお持ちなら即日融資可能なところもあります。そこで近くのATMで今月は急な出費により生活費が不足したとしてその分の借入れをして補うことができます。

 

また銀行では教育カードローンを商品としているところもありますので、審査が通れは低金利で卒業してからの返済としているところもありますので利用することでかなり家計の負担も軽くなることが期待できます。

 

パート、アルバイト主婦ならココ!

 

  • アコム
  • プロミス
  • 新生銀行レイク
  • アイフル
  • 三井住友グループのモビット

 

安定した収入があり条件を満たしていれば審査もスムーズに通過し、即日融資が期待できます。収入証明書も不要で身分証明書があれば簡単に申込みをすることができ、WEB完結申込みや専用の無人契約機でもすぐにカードを受け取ることができます。

 

手軽に必要なときにお金を引き出すことができますので、生活費や教育費が足りないときの対処法として利用している人もいます。また収入に応じた金額で無理のない返済計画を立てたうえでの借入れを心がけることで、今後も上手に利用することができるとしています。