退職予定者のカードローン審査

退職予定者のカードローン審査・限度額

退職予定者といっても一重に定年として退くのか、会社に見切りをつけて転職するのか、リストラ対象として退職を余儀なくする人など様々でもあります。そこで退職金をもらい老後、悠々自適に過ごせる人もいればそうでない人も存在します。また若い年齢で会社を辞めるのであればそれほど退職金が見込めることは期待できないようです。

 

そこで退職を考えている方で次の職場が決まっていればそれほど心配はありませんが、まだ働き口が決まっていないという方では当面の生活費などの不安があるのではないでしょうか。そのため退職予定者のカードローン審査が気になるという人もいることでしょう。

 

退職前にカードローンに申込みをするべき?

 

退職後のカードローンの審査は無職となりますので、通ることはまずないと考えなければいけません。そのため勤務している間に申込みをしておきたいところでもあります。特に在籍確認をするところは多くありますので、現在働いている実態があればお金を借りることができます。しかし、今後会社を辞めたあとに収入の見込みがなく、返済が困難と分かっているのであれば融資を受けることはおすすめできません。

 

延滞し結局のところ融資のストップということが目に見え、信用事故として今後の借入れもしばらくの間は困難となることが予想されます。そこで次の職場が決まっていれば現在の職場で申込み、転職後において職業変更することが望ましいとしています。

 

利用上の規約には住所・氏名・職業等に変更があった場合に届け出をするという項目があります。利用限度額の増額の場合には在籍確認をすることもありますので、長く利用を考えているなら変更手続きも必要となるようです。しかし現在の条件で融資を続けるなら延滞することなく返済できれば継続しての借入れも可能でもあるようです。

 

簡潔に言えば退職予定者のカードローン審査は、申込みのときに実際に働いていれば審査に通ることは簡単でもあるようです。あえて仕事を辞めることは貸金業者側に知られることはありませんので無難に融資を受けることができるとしています。

 

しかし今後の返済能力があるのか、ないのかによっては申込みするべきか考える必要があるようです。それはあなたのモラルにかかっていることでもあるようです。収入の見込みがなければ借金を返すことができないことは分かり切っていますので、貸金業者に迷惑をかけてしまうことは目に見えているはずです。